HAIRSALON olive

<   2010年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ドナルド・マクドナルド・ハウス

ドナルド・マクドナルド・ハウスをご存知でしょうか?

病気の子どもとその家族のための滞在施設です。

現在、難病に苦しむ子どもの数は全国で20万人に及んでおり
その家族まで数えると、多くの人たちがいろいろな境遇に立たされているそうです。
子どもが入院などする事で起こる自宅と病院との二重生活による金銭的負担や
家族が離れて暮らす精神的負担など様々。

このような家族を少しでも支援するために、子どもが入院する病院の近くに
家族が安心して生活出来る施設として設立されたのが
ドナルド・マクドナルド・ハウスです。

世界規模の活動の中、日本には現在7箇所。
そのほとんどの施設がボランティアを中心とした運営で活動しています。

今回ご縁があり『ドナルド・マクドナルド・ハウスとちぎ』(栃木県下野市自治医科大学内)さまより
募金箱をお預かりしました。
形は違うけど、マックの店舗のレジの前にもありますよね。
c0188311_21231912.jpg
その活動などご理解いただける方は是非ご活用ください。
oliveも毎月お店の売り上げの一部を寄付させていただきます。

そして、マックのレジの募金箱にはこう書いてあります。

『お店に来られない子どもたちにもハッピーを☆』
[PR]
by olive060502 | 2010-10-24 17:50 | 募金

ウィリアム・モリス

ウィリアム・モリスをご存知でしょうか?
19世紀後半のイギリスで工芸家、画家、詩人、社会主義思想家として活躍した人。
思想家や詩人としての活動はよく知らないけど
彼のデザインするインテリアを含めた空間は一見の価値です。
今でいうプロダクトデザイナーって感じですかね?

先日の京都旅行でも彼の作品集を一冊入手。
その矢先に「うらわ美術館」で彼の展覧会が開催されていると知り足を運んでみました。
c0188311_23393965.jpg

テキスタイルやファブリック、壁紙やタイルに卓上ランプのデザインまで・・・
モリスの作品を始めて知った時は、そんなに昔の人ではなく現代の作家と思うほど新鮮な印象でした。
最近人気のキャス・キッドソンみたいな感じかなと・・・
しかしそれらは、もう100年以上前に作られたもの。
産業革命後の近代化や工業化にうんざりしたモリスは丁寧な手仕事で自然や鳥をモチーフにしたデザインで
いろいろなモノを作りました。 それが“アーツ&クラフツ運動”
そのデザインのイラストや色合いがなんともステキなんです!
今回の展示で知りましたが、印刷方法や染色手法はかなり手の込んだもの。
だから今でもかなりいい保存状態を保っているということです。

モノ作りに対する姿勢やデザインセンス・・・
こういう人が居たからこそ、現代にも素敵なセンスを持ったクリエイターが存在するんでしょうね。

キャスもいいけどモリスもね☆
[PR]
by olive060502 | 2010-10-21 00:11 | 日々のコト

from KYOTO

京都に行ってきました。

前回言ってた“本屋巡り”を兼ねた旅行です。

今回の収穫はこんな感じ☆
(ウィリアム・モリス作品集、40年以上前の男性ファッション誌
 '86に和訳されたロシア絵本など...
 ご覧になりたい方はお気軽にoliveにお立ち寄りください^^)
c0188311_20191755.jpg

本なんてどこでも買えると思ったら大間違い!
古本ならば一期一会。
新書だって読みたいものが見つからなければ出会えない本もたくさんあります。

京都の本屋さんはどこも個性的で店の雰囲気も本のセレクトも様々。
それは他にはない京都ならではの文化の産物と思います。
店内に一歩踏み入れればすぐに目に付くおもしろそうな本たち。
新書と一緒に古本があったり、その横で作家さんの展示があったり、雑貨やCDそしてまた本。。。
今回二度目の『恵文社一乗寺店』では優に二時間は滞在・・・
目移りばかりで衝動買いしそうなので、出発前に決めた“10冊以内”のルールを思い出しながら。

今回行ったオススメのお店です☆

○ 恵文社一乗寺店
○ ガケ書房
○ メリーゴーランド京都店
○ アスタルテ書房
○ Hedgehog
○ アンジェ河原町店

近くにお出かけの際に立ち寄ると新しい発見があるかも。。。

鴨川も綺麗でした。
c0188311_20203521.jpg

[PR]
by olive060502 | 2010-10-14 15:04 | 日々のコト

またまた

弥太郎節が気に入ってもう一冊。
c0188311_2156871.jpg

『本業失格』

弥太郎さんがまだ駆け出しの頃のエッセイ集。
まだまだ若い内容と文章は否めない。
でも、夢に向かってる感じが快い。
神保町や海外でのブックハンティングのエピソードは楽しそう^^

で、京都に行ってまいります。
京都に行く理由はいろいろなのですが、その一つは本屋巡り。
“読書な気分のこの秋”に偶然なのか必然なのか“BOOK”な情報が勝手に飛び込んできます。
弥太郎さんの本もしかり。

京都にはコンセプトをしっかり持った楽しそうな本屋さんがたくさんあるようです。
とめどなく買ってしまいそうなので予算は一万円。10冊以内というルールを決めてみました。
洋書や古本、写真集や絵本・・・
ちょっとめずらしいものでも見つけてoliveに置きたいと思ってます。
正しくブックハンティング。

髪は切らずも、図書館みたいにoliveを使って頂けたら楽しそう。

ということで、今週末oliveは少し遅い夏休みを頂きます。
9・10・11は連休となります。
ご迷惑をお掛けいたしますがどうぞよろしくお願いします。
[PR]
by olive060502 | 2010-10-05 22:24 |