HAIRSALON olive

<   2010年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

山ランチ

今回は栃木県足利市の松田川キャンプ場にやってきました!
以前から計画はしてたものの、悪天候などでなかなかタイミングが合わずやっと実現。
やはり自然の中は気持ちいいです^^
c0188311_15284720.jpg

早速調理開始!
c0188311_15302134.jpg
『自然が調味料☆』が合言葉の美食倶楽部olive(いつから!?)
今回のメニューは・・・

ジャーン!!
c0188311_15305023.jpg

ハンバーガー☆
つなぎ無しビーフ100%のパテと、timoさんにオーダーして作ってもらったケシの実の付いたバンズ。
さらに、トマト・玉ねぎ・チーズ・アボガド。

そのお味は・・・・

「うまーいっ!!!」

これ本気で美味しかったです☆

食後は今回新調したパーコレーターでコーヒータイム。
c0188311_1532616.jpg

いやはや至福の時間です- -

自然の中でおいしいランチ。
これはハマりますよ~^-^♪
[PR]
by olive060502 | 2010-06-29 15:34 |

サッカー

予選リーグ見事突破!!
すごいぞ!ニッポン!!
はい、にわかサポーターですがナニか?

政治家がどんなにがんばっても変わらない日本を90分で元気にしてしまうとは何とも素晴らしいではありませんか!!
寝不足なんてへっちゃらデス!!

選手たちの引き締まった顔のインタビューを、寝不足ハイテンションの引き締まらない顔で見ていると
彼らは自分よりみんな年下と気づき「しっかりしてんな~」とつくづく感心。
感心して終わるところに器の違いを痛感します --;

大人に活力を、子どもに夢を与えてくれた彼らは正しく『日本代表』です。
決勝リーグもガンバレー!!!


そして今週はcaci-suからスコーンが届きました。
c0188311_85154100.jpg

○ そば粉のスコーン    (¥200)
○ 文旦ピールのスコーン (¥250)

今日から日曜日までの限定販売です^^
[PR]
by olive060502 | 2010-06-25 08:52 | 日々のコト

一足お先に

気心の知れた友人が二週間も早い誕生日プレゼントをくれた。
c0188311_11285580.jpg

洋書のファッション写真集。
かなりエッジの利いた、個人的には大好物なプレゼントである。

同級生の彼とは、よく食事に行く。そして決まってその後はコーヒーを飲みながら深夜までファッション談義。
よくもこんなに洋服のことで話すことがあるなぁ、とお互い呆れるほど延々と。

しかし、僕の知らない雑学を持つ彼との会話は勉強になり刺激になるり仕事柄モチベーションも上がる。
そしてこんな小さな町に“洋服バカ”と認め合える友人がいることがありがたい。
すでに秋冬気分なだけあってプレゼントも一足早いのだろう。

「歳をとっても洒落たオッサンになりたいね~!」
と、語らう行き先はこんな感じ・・・?
c0188311_1313588.jpg


そしてまた夜が更けていく・・・・
[PR]
by olive060502 | 2010-06-23 13:06 | 日々のコト

土いじり

今回は埼玉県加須市にあるAM陶工房さんで陶芸に挑戦です!
c0188311_23401878.jpg

こちらはご夫婦そろって陶芸家のお宅。
自宅の中にある工房へオジャマさせていただきました。
田園風景を見渡せる大きなウッドデッキのある素敵なお家です^^
入り口では作品の販売もしています。
c0188311_23453110.jpg

う~ん、うらやましい・・・

全員ほぼ未経験。さてさてどうなることやら。。。

先生の指導の下、早速開始。
先陣を切ったのはゆかりちゃん。
c0188311_23521014.jpg

前日からイメトレをするほど本気モード。
少々緊張気味でしょうか・・・
(※注 黒人ソウルシンガーみたいですがゆかりちゃんです。)
c0188311_23565732.jpg

そうでもないみたいです。
(※注 黒人ソウルシンガーみたいですがゆかりちゃんです。)

今回はcaci-suさんも同行。
c0188311_23592642.jpg

「将来は、全て自分の作った器で料理をしたい」という夢の第一歩。
手こずりながらもがんばっています。

二人の作業を見ながら笑っていた私。
土をいじるのもロクロを回すのも初めてです。
c0188311_063947.jpg

ゴーストの主題歌を口ずさむ余裕はありません。
c0188311_082518.jpg

完全に左手つっぱってます --;

しかし、三人とも作業を終えて口にしたのは
「楽しかったー!!」
「またやりたい!!」
「早くまた来たい!!」

相当ご満悦です^^

仕上がりは1ヶ月くらい先になるそうです。
どうなるか楽しみです!!
(三人とも、とりあえずの“湯呑み”では無く実用的な“器”というところに性格が出てます・・・)
c0188311_021020.jpg


アットホームな雰囲気の中、ついつい長居をしてしまった楽しい空間。
必ずまた来たいと思います^-^

鳥居先生!ありがとうございました☆


c0188311_0213695.jpg

『AM陶工房』
〒347-0042
 埼玉県加須市志多見1535-6
 tel: 0480-61-5300






◇     今週のcaci-suは。。。

      ○   ブランビスク
      ○   ローズマリービスケット       です^^  (各¥250)
[PR]
by olive060502 | 2010-06-16 11:06 | 日々のコト

幸せ度

先日『ソトコト』という雑誌を読んでいたら興味深いエッセイがあった。
ケニアのナイロビに住む<早川千晶>さんという方のエッセイ。
執筆のほかにナイロビのスラムで学校支援活動なども行っている方らしい。
そのエッセイをここで紹介してみたいと思います。

『昨年度のケニア国民の意識調査で、ケニア人の86%が「自分は幸せだ」と感じている、との報告があった。
あまりにも高い数値にびっくりだ。人口の半数以上は極度の貧困に苦しんでいる国なのにもかかわらず、なぜこんなに幸せ度が高いのだろうか。
そこで私も自分の身の回りの人々に、幸せ度調査をしてみた。
スラムの仲間たちが集まったときにその質問を投げかけてみたら全員が、「自分は幸せだ」と感じるほうに手を挙げた。
その理由として、第一に「こうして生きていられるのは、神様のおかげだから」という答えが返ってきた。
どうやら彼らにとっての「幸せ」とは、これとあれがあるから幸せだという「原因と結果」的な基準ではなく、まずは自分が存在していること自体を、喜ばしく誇らしいと感じているらしい。
次には、「生活に困難はあるが、とりあえず何とかなっていて、飢え死にしていない」から幸せだと感じる、という。
そして、「困ったときに相談できる相手がいる」「絶体絶命だと思ったときにも困っていると話せば助けてくれる人が必ずいるし、実際に助けてもらった経験がある」と誰かが言うと、みんな、そうだそうだと深くうなずく。
~中略~
そこで私は気づいたことがある。彼らは、自分のことを幸せだと思い、感謝するのが好きなんだと。
理由があって幸せになるのではなく、ただあるがままで彼らは本当に幸せなんだと、感動をもって実感したのだった。 
正直、何とも言えずうらやましいではないか。

 私が支援している子どものひとりが腎臓病を乗り越え、今年受験生になったので、彼の学校へ受験準備の保護者会に行ってきた。
そこで先生が受験生たちに話した内容に、これまた驚かされた。
もちろん受験生を励ますことは日本と同じなのだが、こんな言葉で心を込めて語りかけたのだった。
「君たちはひとりじゃない。勉強せねばならないのはもちろん君たち自身だけれど、ひとりで勉強しているのではなく、いつも神様が君たちと共にいる。がんばれる力を神様がくれるから安心すればいい。同級生は敵ではなく仲間だ。みんなで学び合って助け合って、お互いを高め合えばいい。そうすれば必ず良い結果がついてくるよ。」
先生の言葉を真摯に聞いたあと子どもたちの目の光が変わった。私は涙が出そうになった。
孤独と闘い傷ついている日本の多くの子どもたちに、こんな大人に出会わせてあげたいと心から思った。』


こんなエッセイでした。
環境の違いを唱える前に、このシンプルな感情を素直に受け止めたい。
文中にある早川さんの「正直、何とも言えずうらやましいではないか」という言葉が正直な日本人の気持ちだと思う。

“豊かさ”って何なんだろう・・・
日本は物質的な豊かさではケニアと比にならないほど世界トップクラスだろう。 
しかしその環境に慣れてしまうと、心の豊かさが貧しくなってしまうのではないかと思う。
自分自身この豊かな環境で生活している身分であるから偉そうなことは言えないが、便利になり過ぎると人の感情は薄れてしまうのではないかと心配になる。
心の豊かさはコミニケーションから生まれる感情が必要だと思う。

「社内で隣の机の人でもメールでやりとり」 とか
「“切り口で手を切らないようお気をつけください”の菓子袋の注意書き」 とか
「3Dテレビ」 とか・・・
無駄もいい加減にしてほしい。
生きるうえで必要なもの、必要でないものを分別できる意思を持ちたいと思う。
親切丁寧過ぎる情報に流されると人は思考しなくなってしまう。
“何が必要で何が大事かをしっかり考えてチョイスする”
モノと情報が溢れるこの環境ではそんな自立した思考を持たなくては、“幸せ度”は複雑になってどんどん低くなってしまうのではないだろうか。

複雑にしてしまうのは自分自身。もっとシンプルに。
時にはケニアに習いましょう。



c0188311_21161169.jpg

[PR]
by olive060502 | 2010-06-08 23:46 |

スコーン

世田谷区経堂にあるscone pantryに行ってきました!
c0188311_21112386.jpg

駅からつづく細ーい道にあるかわいいお店。

手作り感満載の店内もいい感じです^^
c0188311_21415364.jpg


アメリカンスタイルの大きなスコーン。
トッピングもざくざく入ってます!!
でも甘さは控えめで素材の味がしっかりするからとってもおいしい☆
プレーンやチョコはもちろんチェダーチーズやクランベリー、とうもろこし&黒こしょうまで!!
常連さんが多いのも納得です。
こんなお店が近くにあるっていいなぁ。。。
c0188311_21424195.jpg



近くにお出かけの際は是非☆





◇     今週のcaci-suは。。。



       ○ ピーナッツクッキー
       ○ ブランビスク                 です^^   (各¥250)
[PR]
by olive060502 | 2010-06-02 14:18 |